header    
TOP 雄武剣友会の紹介 稽古内容 稽古のお知らせ 活動計画 試合・段級審査報告 member_recruitment.html
 
過去の段級審査報告

 

▶平成28年(2016年)

▶平成27年(2015年)

▶平成26年(2014年)
▶平成25年(2013年)
▶平成24年(2012年)
▶平成23年(2011年)

 

 

 


《12月20日》第29回雄武南剣道大会、第14回馬場杯争奪戦が行われました。

浦安市内の剣友会をはじめ、雄武南さんがお付き合いをされている千葉県内、東京都、埼玉の道場38チーム

が参加して行われました。

小学生・中学生の混合チームによる団体戦と小学校3年生以下、中学生男子及び中学生女子の3つの部門

に分かれての個人戦が行われました。

         

団体戦

監督 小司先生

先鋒 中村澪さん、次鋒 佐藤正弥くん 中堅 長岡太一くん 副将 村上果蓮さん 大将 小林隆誠くん

の1チーム編成で臨みました。

結果です

予選リーグを勝ち抜けて決勝トーナメントへ進出しましたが、力及ばず初戦敗退となりました。

個人戦 善戦するも上位入賞はなりませんでした。

       

      

今日の試合は、勝敗はさることながら日頃の稽古の成果を活かして快心の一本を出せた者が多かったです。

みなさん自身も手ごたえを感じたのではないでしょうか?

そのイメージを大事にしてこれからの稽古で何度も何度も反復し完璧に自分のものにしていきましょう。

 

終日選手の試合を見てご指導を頂きました松木先生ありがとうございました。

監督をお引受けいただいた小司先生ありがとうございました。

審判をお引受けしていただいた寺崎先生、関谷先生ありがとうございました。

応援に駆けつけて頂いた後藤先生、大野先生、保護者の皆様、一般会員の皆様、お友達のみんな、ありがとうございました。

連日早朝から、裏方としてからお手伝い頂きました役員の皆様、本当にありがとうございました。

これで今年の行事はすべて終了です。

今年一年を振り返って反省し、また新たな気持ちで新年を迎えましょう。

《12月13日》恒例の紅白戦、納会が行われました。

平成27年の最終稽古までにはまだ間がありますが今年はスケージュールの都合上少し早めに取り行われることに

なりました。

 まずは初心者の子供たちが伊藤先生のご指導の下今年の成長をみんなに見てもらいます。

どこか誇らしげですね。

      

さあいよいよ紅白戦です。子供達から一般の先生方まで2チームに分かれ、1年間の成果を試し合います。

仲間同士の試合もまた違った緊張感があるね。

    

    

    

先生方の試合は迫力満点ですね。みんも真似をしよう。

    

最後に教士七段の先生方の立会いが行われ引き締まった雰囲気の中で行われました。

    

1年間の締めくくりの稽古をしっかり納めました。よく頑張りました。

  

稽古が終わってからは場所を変えて楽しく納会を行いました。

今年一年の出来事を振り返りながら、皆様の親睦を深めることが出来ました。

      

      

松木先生から、現キャプテン・副キャプテンへの1年間のねぎらいのお言葉と来年3月からの新キャプテン・副キャプテン

の発表がありました。

そして最後は、お決まり、大野先生の一本締めにて、盛会のうちにおひらきとなりました。

納会のご準備をいただいた役員の皆様、1年間本当にどうもありがとうございました。

12月6日第45回東京近県小学生剣道錬成中央大会が国立オリンピック記念青少年総合センターで開催されました。

例年この時期に開かれる大会です。今年は最寄り駅から会場までのいちょう並木が一段ときれいでした。

             

 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県を中心に252チーム・総勢約750人が参加します。

3人一組の団体戦で、3チームの予選リーグ上位1チームが決勝トーナメントに進むことが出来ます。

雄武からは5チームが出場しました。低学年の中には団体戦は初めてという子もいます。個人戦とはまた違った

緊張感ですね。仲間と一緒に戦えるのはとてもわくわくします。

      

      

      

結果です

雄武Bチーム (監督 伊藤先生、先鋒 高仲 恕太郎くん、中堅 岡尾 瑞悠さん、大将 成田 大和くん) が

予選リーグを見事勝ち抜け、努力賞をいただきました。   

選手を見守りご指導いただきました、松木先生、大野先生ありがとうございました。

監督をお引受けいただいた佐藤先生、寺崎先生、小司先生、関谷先生、伊藤先生ありがとうございました。

審判をお引き受け頂いた長江大輝先生ありがとうございました。

試合前のかかり稽古の元立ちに立って頂いた、小林隆誠先輩ありがとうございました。

応援に駆けつけていただいた保護者の皆様ありがとうございました。

場所取り、記録取り等、裏方として朝早くから夜遅くまでお手伝い頂きました役員、会員の皆様、

どうもありがとうございました。

《12月5日》第2回冨貴島杯剣道錬成大会に参加しました。

市川市の冨貴島道場さんが開催する大会です。

千葉県を中心に東京、神奈川、埼玉の23道場、55チームが参加して日頃の成果を競います。

小学生の部(五人戦)、低学年の部(四年生以下、五人戦)、中学生の部(三人戦)に分かれて

団体戦が行われました。

          

小学生と低学年は4つのリーグに分かれて順位決めのあと決勝トーナメントへ、中学生は同じく4つのリーグに

分かれ上位2チームが決勝トーナメントへ上がる方法で大会が進められます。

           

           

結果です

小学生チーム、低学年チームはいずれもリーグ最下位、決勝トーナメントでも初戦敗退でした。

中学生チームはリーグ3位で残念ながら決勝トーナメントへ進むことができませんでした。

 

今回は強豪チームとの力の差を感じざるを得ませんでした。

しかし何事も勉強です。ぜひ今回の経験を活かして明日の近県大会に全力で挑んでください。

試合を見守って頂いた後藤先生、大野先生ありがとうございました。

監督をお引き受け頂いた松木先生、関谷先生、伊藤先生ありがとうございました。

審判をお引き受け頂いた津嶋先生、小司先生ありがとうございました。

応援に駆けつけて頂いた保護者の皆様ありがとうございました。

運営のお手伝い、記録、食事、その他先生方、選手が気持ちよく過ごせるよう環境

を整えて頂いた役員の皆様、ありがとうございました。

そして、大会を開催しお声かけを頂きました冨貴島道場のみなさまどうもありがとうございました。

《11月28~29日》秋季強化合宿がう・ら・らめーるで行われました。

昨年から始まった秋の合宿です。

今年は夏の合宿がスケジュールの都合でありませんでしたので、集中して稽古できる絶好の機会です。

「剣道の稽古を通して、身体と精神を鍛える」、「団体生活を通して、社会常識や礼儀を学ぶ」、

「自分のことは自分でできるようにする」を目標にみんなで力を合わせてがんばろう。

      

松木先生から今回は基本の中心にした反復練習と右足を使った攻めを修得するメニューをご用意いただき

2日間徹底的に稽古しました。

     

  

初心者のみんなは久しぶりにゆき先生からご指導をいただきました。

  

大野先生による剣道着・袴の着装とたたみ方のご指導。

         

1日め夜のレクリエーションの様子。

         

お世話になったう・ら・らめーる館長さんへのごあいさつ

あっと言う間の2日間でしたね。みんな全力を出しきれたかな?

剣道の基本は反復して修得することが大事です。これからの稽古でも何度も何度も取り組んでしっかり

自分のものにしていきましょう。

今回の合宿では、一部の者が深夜まで騒いで施設や他の宿泊の方に大変ご迷惑をお掛けしてしまったという

残念な事がありました。今一度合宿の目標に立ち返ってください。

子供たちと一緒に過ごして頂いた後藤先生、大野先生、ありがとうございました。子供たちのために声を

枯らしてご指導頂いた松木先生、ありがとうございました。

やさしく初心者のご指導をいただきましたゆき先生、ありがとうございました。

お忙しい中応援に駆けつけていただいた中筋先生、津嶋先生、佐藤先生、近野先生、関根先生、田村先生、

寺崎先生、小司先生、関谷先生、二見先生、ありがとうございました。

稽古を見守って頂いた保護者の皆様、ありがとうございました。

そしてお忙しい中この秋合宿に向けての準備、期間中の運営と多大なるご尽力を頂いた役員の皆様、

本当にありがとうございました。


《11月12日》 2015年度少年剣道教育奨励賞を受賞いたしました。

全日本剣道連盟より雄武剣友会が2015年度少年剣道教育奨励賞を受賞いたしました。

全日本剣道連盟のホームページよりこの賞の目的を下記のとおり掲載します。

少年剣道教育奨励賞とは、少年剣道の指導面で、大会等との成績とは関係なく、草の根的に目立たぬ活動

続けて、剣道の底辺を支えておられる団体・組織等に対して、その労に報いるとともに、志気を鼓舞するために

表彰するものです。

本会が30数年地域密着で青少年の健全育成に取り組んできた結果であり、ご指導頂いた全ての先生方、

会の運営にご協力頂いてきた保護者の皆様、そしてこの教室で汗を流して稽古に取り組んできた全ての

剣士の皆様の継続と努力の賜物だと思います。

この賞を頂いた事を皆様で大いに喜び、誇りとしてこれからの稽古に励んでいきましょう。

おめでとうございます。

10月25日》 第48回NTTグループ全国剣道大会が東京都スポーツ文化館で行われました。

10月25日(日)東京都スポーツ文化館において第48回NTTグループ全国剣道大会が行われました。

男女およそ250人の方々が参加し、男子団体、男子団体壮年の部、女子団体、個人戦男子三段以下の部、

男子四段以上の部、男子壮年の部、女子の部で覇を競います。

田村先生、佐藤先生、下村先生、小野寺先生が出場しました。

下村先生の所属するNTTコミュニケーションズ男子団体チームが優勝しました。

おめでとうございます。

10月18日》 11回千葉県実業団剣道大会がJFE千葉市民体育館で行われました。

関谷先生が、千葉銀行チームの一員として出場しましたが、上位進出はなりませんでした。

結果は千葉県実業団剣道連盟のホームページからごらん頂けます。

また、事務局としても大変お疲れさまでした。

10月18日》 64回浦安市民剣道大会が舞浜総合体育館で行われました。

毎年恒例の秋の市民大会です。夏場の厳しい稽古の成果を試す絶好の機会です。
大会に先立って前日から剣道連盟や市内剣友会の方々と力を合わせて会場の準備を行いました

また、伝達講習会では後藤先生、大野先生からご当日の試合を適切に運営できるよう主に、審判法について、

ご指導いただきました。その後合同稽古を行い翌日に備えました。

《前日の様子》

    
《開会式・演武の様子》

      

《試合の様子》

               

                 

               

             

《大会結果》
■小学4年生の部    準優勝:長岡 太一くん
■中学女子の部     優  勝:佐藤 春名さん
■一般男子の部     優  勝:雄武Aチーム(先鋒 森先輩、大将 新屋先輩) 
                               準優勝:雄武Cチーム(先鋒 小司先生、中堅 二見先生、大将 津嶋先生) 
入賞された皆様おめでとうございます。

     

    

今回は剣道具を付けて間もない試合経験の少ない選手が沢山出場しました。

稽古と違い相手と対面しての真剣勝負はさぞかし緊張したことでしょう。

持てる力を精一杯出して頑張りましたね。

ただ試合に臨む礼法・所作や着装はまだまだ立派なものだとは言えません。

こういったことをまずしっかり出来るよう普段の稽古から取り組んでください。

上級生は思うよう結果を出せた者、そうでなかった者様々でしたね。

悩む必要はありません、ただひたすら普段の稽古を全身全霊を込めて取り組んでいけば良いだけです。

近県大会をはじめこれからの秋~冬の大会に向けて更なる挑戦をしていきましょう。
試合を見守って頂いた後藤先生、松木先生、大野先生ありがとうございました。
審判をお引き受け頂いた津嶋先生、佐藤先生、近野先生、関根先生、
ありがとうございました。
応援に駆けつけていただいた保護者の皆様、会員の皆様ありがとうございました。
記録取り、裏方としてお手伝い頂きました役員の皆様、本当にありがとうございました

8月25日》2015年 浦安市剣道連盟第1回少年強化練習会が行われました。

今年度1回目の強化錬成会です。

4年生から6年生で選抜された5人が、参加して約6試合程度試合を行いました。

夏の稽古の成果を出せた選手、そうでない選手がいました。

よかった事や悪かった事を自分で振り返って、ノートに書きとめ、また普段の稽古を頑張りましょう。

   

錬成会終了後、今年度の浦安市強化指定選手が発表されました。

雄武からは加治 直樹くんが選ばれました。おめでとうございます。

試合終了後は、東海大浦安中学校の剣道部の皆さんが元立ちとなり参加した子供たちと熱のこもった地稽古を行いました。

本事業を企画頂き、お取り計らい頂きました榊先生、須賀先生、ありがとうございました。

会場の設営等を頂き、審判、記録など運営を頂い東海大浦安中学校の首藤先生、剣道部の皆さん、

ありがとうございました。

選手の試合を見守って頂きました後藤先生、松木先生ありがとうございました。

選手を励まして頂いた、佐藤先生ありがとうございました。

平日の忙しい中、記録をとったり、選手のお世話を頂いた役員さん、お母さん方、ありがとうございました。

そして、本練習会で剣を交えていただきました浦安本部道場の皆様、雄武南剣友会の皆様、富岡剣友会の皆様、どうもありがとうございました。

《8月20日》8月22日~23日第45回全国中学校剣道大会が秋田県立武道館でで行われます。

雄武の先輩方が所属している学校で

萩原亜美さんが所属する東京学館浦安中学校が千葉県代表として男子団体、個人戦に

佐藤春名さんが所属する淑徳巣鴨中学校が東京都代表として女子団体にが出場されます。

おめでとうございます、そしてご健闘をお祈りします。

大会結果は全国中学校剣道大会のホームページからご覧いただけます。

《8月18日》第65回日光剣道大会が日光東照宮武徳殿で行われました。

関東都県団体対抗戦として、福島県、静岡県そして開催の栃木県からは

二チームが参加して団体戦5人戦が行われました。

下村先生が千葉県チームの先鋒で出場しました。

結果は全日本剣道連盟のホームページからご覧いただけます。

下村先生、千葉県代表としてお疲れさまでした。

《8月9日》北海道の剣友が稽古に参加してくれました。

北海道豊富町から夏休みを利用して、お母さんの実家である浦安市に帰省した 相馬祐月くんが、

8月2日と9日の二回稽古に参加してくれました。

普段と違う雰囲気の中で、素晴らしい稽古を頂きみんなのいい刺激になりました。

竹刀の振りがとても早かったね。

最後に雄武のみんなと記念撮影を行いいい交流をさせて頂きました。

相馬くん、どうもありがとうございました。また浦安にお越しの際はぜひ稽古にご参加ください。

《8月9日》剣道段位審査会(初段~三段)の結果報告です

国府台スポーツセンターにて昇段審査が行われました。

二段:北村爽乃さん、小林隆誠くん

が合格されました。おめでとうございます。

   

《7月25日》平成27年度全日本少年少女武道錬成大会に出場しました。

全国から集まった879チーム、おおよそ4500人の剣士が二日間に渡って日頃の稽古の成果を試し合います。

今年は5月に行われた第16回世界剣道選手権大会と同じ会場で試合が出来るということが選手の志気を高めます。
試合は団体5人制で二回戦までは「基本判定+一分間の一本勝負」で合計得点の多いほうが勝ち抜けます。

三回戦以降は通常の三本勝負になります。

      

      

雄武からは1チーム、選抜された6名が大会に挑みました。
基本判定は監督が元立ちとなり選手は全力でかかっていきます。

基本の達成度を重視した構成になっているため雄武が毎年目標としている大会のひとつです。

      

    

結果です

1回戦は、開会式直後の緊張感が冷めやまない中での第1試合でしたが、落ち着いて実力を発揮して見事勝ちあがりました

続く2回戦は、前年度優秀賞チームである久里浜剣友会さんを相手に基本判定試合は善戦するも一本勝負で力及ばず残念

ながら敗退となりました。

久里浜剣友会さんは今年度も優秀賞を獲得されております。

出場メンバー:

先鋒 佐藤正弥くん、次鋒 加冶直樹くん、中堅 成田大和くん、副将 中村 澪さん、大将 村上果蓮さん、

補員 高仲 恕太郎くん

監督 小司先生

今年は例年行われている夏合宿が取りや止めになる等のアクシデントもありましたが、与えられた環境の中で目標に

向かってひとりひとりが全力で努力をしました。

チーム編成当初に比べて、精神的にも技能的にも格段に成長したと思います。チームを引っ張ってくれた6年生お疲

れ様でした。4年生・5年生のみんな、来年に向けての挑戦はもう始まっているよ。


大会に向けてご指導、当日は選手を見守って頂いた後藤先生、松木先生、大野先生、ありがとうございました。
監督また元立ちとして選手を盛り上げて頂いた小司先生、ありがとうございました。

基本判定試合の稽古をサポートいただいた佐藤先生、ありがとうございました。

応援に駆けつけて頂きました保護者の皆様、会員の皆様、ありがとうございました。
そして早朝から場所の確保やお昼の手配など暑い中東奔西走頂きました役員の皆様、本当にありがとうございました。
これで7月の行事は終了ですが夏休みの稽古はまだまだ続きます。「夏を制する者が一年を制する。」
厳しい稽古に進んで取り組み秋の市民大会、冬の近県大会で結果を残せるように全身全霊で取り組んで行きましょう。


《7月19日》剣道段級審査会(一級)が雑司が谷体育館で行われました。

佐藤 春名さんが合格されました。おめでとうございます。

 

《7月12日》第35回雄武稽古祭、第23回荒木旗争奪戦が行われました。

節目となる35回目の稽古祭です。

今年も例年よりもやや早め梅雨明け前の開催となりましたが、日頃のみなさんの行いの良さを反映して晴天で

迎えることができました。浦安市内でお付き合いをさせて頂いている、浦安本部道場さん、雄武南剣友会さん、

富岡剣友会さん、美浜剣友会さんのご参加を頂きました。

一年間の成果を披露する大切な「稽古祭」としてみんなで協力して準備、運営、後片付 け等を行います。

後藤先生が打太刀、田中先生が仕太刀で日本剣道形を打った後、伊藤泰行先生号令の下、初心者の

基本稽古披露が元気よく行われました。

■試合前~開会式

       

  試合前の様子                開会式から                沢山のトロフィー

     

     出場選手                     荒木旗返還              選手宣誓(村上果蓮さん)

■日本剣道形(打太刀 後藤先生、仕太刀 田中先生)

             

■初心者演武(基本稽古披露) 岡尾瑞悠さん、堀田直樹くん、鈴木重智くん、岡尾和恭くん、

  指導 伊藤泰行先生、 元立ち 村上果蓮さん、成田大和くん、佐藤正弥くん、高仲恕太郎くん

         

基本稽古披露後小学校一年生以下の部から中学男女個人戦、荒木旗争奪戦、一般混合団体戦と行われました。

みんな元気に一生懸命試合に取り組みました。どの試合も熱戦の好勝負でした。

■試合模様から

          

         

        

      

     

     

     

《大会結果》
■小学1年以下の部 準優勝:堀田 直樹くん

■小学3年生の部 三位:村上 愛理さん
■小学5年の部 三位:加冶 直樹くん 三位:高仲 恕太郎くん
■小学6年の部 準優勝:村上 果蓮さん
■中学男子の部 優勝:小林 隆誠くん 準優勝:長江 琳平くん 三位:萩原 冬馬くん 三位:主原 帆高くん 

■中学女子の部 優勝:萩原 亜美さん 準優勝:長江 花さん 
■荒木旗 優勝:雄武Aチーム
(村上 愛里さん、中村 澪さん、佐藤 正弥くん、村上 果蓮さん、長江 琳平くん)

■混合団体戦 優勝:Dチーム
(永友さん(本)、竹内さん(富)、萩原先生、小司先生、後藤先生)

入賞された皆様おめでとうございます。

■精勤賞 

稽古祭ではこの一年間で沢山稽古に参加したみんなを精勤賞として表彰します。

今年は休まずに稽古に参加したみんなにこれからも頑張ってとの願いを込めて、竹刀が贈呈されました。

対象者(順不同/新学年にて記載します)

3年生 村上 愛理さん

4年生 中村 澪さん

5年生 加冶 直樹くん、佐藤 正弥くん

6年生 村上 果蓮さん

中学生 加冶 奈津子さん、中村 慧くん、長江 花さん   

一年間とにかく稽古に参加することを継続できたみんな、がんばりましたね。

来年はもっと沢山のみんなが精勤賞をもらえるように稽古に参加しましょう。

大会を開催するに当たって準備段階からご尽力頂いた後藤先生、松木先生、大野先生、ありがとうございました。

大会の準備で奔走頂き、打ち上げ会場の手配、お世話を頂いた役員の皆様、保護者の皆様ありがとうございました。

いつもすばらしい賞状をお書きいただく末定先生、ありがとうございました。

審判等でご協力を頂いた先生方ありがとうございました。

   


《6月21日》昇級審査が行われました。

年に一回先生方に自分の実力を見ていただきます。

今年は14人の子供たちがチャレンジしました。

年中さん~小学校五年生まで、防具を着けていない子は基本の稽古、防具を着けている子は切り返し~

試合形式の稽古を二回やります。

いつもとは違った張り詰めた雰囲気の中で精一杯、自分の実力を出し切りました。

また、5月に一級になった六年生・中学一年生、既に二級合格の五年生の先輩達が進んでお手伝いをしました。

    

14人みんなが昇級することが出来ました。来年に向けてまた頑張る意欲がわいてきたと思います。

一年間の稽古の成果が実ったみんな、おめでとうございます。

審査をして頂いた大野先生、後藤先生、松木先生、審査のお手伝いを頂いた関根先生と先輩方、賞状を書いて

頂いた末定先生、そして裏方で審査の用意、段取りを頂いた役員の皆様、ありがとうございました。

《6月6日》第4回キッズ剣道大会が浦安市総合体育館4階サブアリーナで行われました。

浦安ロータリークラブさん主催の大会です。

ロータリークラブさんは社会奉仕活動をされている国際的な組織で青少年の育成が社会の発展に繋がるという

お考えの下スポーツ振興にも力を入れておられます。

浦安本部道場さんと雄武剣友会で主管を務め大会運営のお手伝いをさせていただきました。

      

開会式後、通常の試合の前に小学3年生以下のちびっこ剣士による紅白に分かれての風船割りが行われました。

最初は風船が外れてしまって大変でしたね。みんなたくさん割ることができたかな?

その後、小学1・2年、3年、4年、5年、6年の各部門の個人戦が、リーグ戦、決勝トーナメントの順で行われました。

      

      

      

      

試合結果です。

小学3年の部

第3位  村上 愛理 さん

小学5年の部

優 勝 加冶 直樹 くん

第3位 佐藤 正弥 くん

小学6年の部

第3位 成田 大和 くん

第3位 村上 果蓮 さん

表彰式では参加した全員が敢闘賞の盾(たて)をいただきました。よくがんばりました。

  

大会を運営いただいた実行委員長の後藤先生、審判長の松木先生ありがとうございました。

朝から選手を見守っていただいた大野先生ありがとうございました。

大会総務をお務めいただいた佐藤先生ありがとうございました。

剣道形の演武を頂いた小司先生、関谷先生ありがとうございました。

審判をお引き受け頂いた、近野先生、関根先生、小司先生、関谷先生、二見先生ありがとうございました。

司会進行役の長江花先輩、加冶奈津子先輩、大会運営のお手伝いをしてくれ役員の皆様、保護者・ご家族

の皆様、中学生の先輩方ありがとうございました。

応援に駆け付けて頂いた保護者の皆様ありがとうございました。

そして、主催者浦安ロータリークラブ側から本大会へ様々なご尽力を頂いた青木先生、ありがとうございました。

《5月17日》第63回浦安市民剣道大会が浦安東小体育館で行われました。

毎年市民大会は年二回、春季と秋季で開催されています。

今回は東小学校の新築された体育館で初めての開催となりました。

とても大きく立派で空調も整っており選手たちが快適に試合に臨む事が出来ました。

前日準備は浦安市の各教室の先生方、保護者の皆様で協力して行いました。

      

春季は個人戦トーナメント形式で試合が行われ、小学校3年生以下、4年生、5年生、6年生、

中学男女、高校男子、一般40代未満、40代以上の部に多数の皆様が参加しました。

開会式では、雄武剣友会が平成26年度千葉県剣道連盟功労賞をいただいたことが報告され、

改めて表彰いただきました。

      

試合模様です

      

      

   

結果です

小学校3年生以下の部

準優勝  村上 愛理 さん

一般40代未満の部

準優勝  関谷 俊昭 先生

一般40以上の部

準優勝  小司 恭史 先生

      

みんな日頃の稽古の成果は出せましたか?緊張してしまった、うまくいかなかった等悔しい

思いをした人も多かったでしょう。

次の挑戦に向けて1回1回の稽古をただ全力で取り組もう。

少しでも自分自身が成長できるよう前進してください。

朝早くから子供たちを見守ってくださった後藤先生、松木先生、大野先生どうもありがとうございました。

審判をお引き受け頂いた、佐藤先生、近野先生、関根先生、田中先生、寺崎先生、小司先生、関谷先生

どうもありがとうございました。

大会のお手伝いを頂いた役員の皆様、子供たちや選手の応援を頂いた保護者の皆様どうもありがとうございました。

最後に、大会の開催にあたり、会場設営、当日の運営にあたり多大なるご配慮を頂いた浦安市剣道連盟の皆様、

どうもありがとうございました。

《5月10日》剣道段級審査会(一級)の結果報告です。

国府台スポーツセンターで行われた段級審査会で合格者が多数出ました。

中学校一年生

加治 奈津子さん、主原 帆貴くん、長江 花さん、中村 慧くん

小学校六年生

成田 大和くん、村上 果蓮さんが一級に合格されました。おめでとうございます。

      

《5月6日》剣道称号錬士審査会が京都市武道センターで開催されました

近野悦子先生と田村泰男先生が合格されました。おめでとうございます。

     

《5月3日》昇級審査(2級限定)が行われました。

加治 奈津子さん、主原 帆貴くんが合格されました。おめでとうございます。

《5月2日》流山錬成会に参加しました。

流山剣道連盟さん主催の錬成会です。

雄武は3年生~6年生で選抜された7人の選手が参加してきました。

東京、千葉、埼玉等から約40チームの参加があり、4チームのリーグ戦を三回行うことが出来ました。

結果は6勝5敗1引き分けで勝ち越すことが出来ました。

また、終了後は申し合わせの試合を三回行うことが出来ました。

      

      

      

      

みんな今年の始まりから見ると試合がうまくなったね。

でも、大きな声を出す、道場で先生方から注意されていることを治そうと取り組むと、どんどん

強くなっていくよ。

また、沢山試合が出来て、普段注意されている課題を修正する事の大切さに気が付いた事と思います。

みんな錬成会が終わってから普段の稽古にも駆け付け、真剣に取り組んでいました。

今回の錬成会の経験は今後に活かされることでしょう。

選手を引率しご指導頂きました松木先生、小司先生、ありがとうございました。

試合の記録を取り、選手を見守って頂きました役員、保護者の皆様ありがとうございました。

沢山の試合のお相手を頂いた各団体の皆様、ありがとうございました。

また、審判をお引き受けくださった、実業団富士ゼロックス東京剣道部の皆様、

このような機会を提供して下さいました流山市剣道連盟の皆様へ御礼申し上げます。

《4月29日》第63回全日本都道府県対抗剣道優勝大会が大阪市中央体育館で行われました。

都道府県の日本一を決める大会です。男子団体戦7人戦で行われます。

千葉県チームの五将(前から三人目)で下村先生が出場しました。

千葉県チームは一回戦はシード、二回戦で広島県チームに勝利、三回戦で熊本県チームと対戦し、

惜敗いたしました。

千葉県の代表として試合に臨まれた下村先生、お疲れ様でした。

試合の結果は全日本剣道連盟のホームページからもご覧頂けます。

4月19日》平成27年度浦安市剣道連盟役員に就任された先生方をご紹介します。

前後しますが、4月中旬に浦安市剣道連盟の総会が行われ、役員の先生方が決まりました。

雄武から沢山の先生方が役員や事務局に選出されました。

平成27年度浦安市剣道連盟役員(雄武から選出された先生方のみ掲載します)

副会長 大野先生

理事長 後藤先生

体育協会担当理事、強化委員 松木先生

事務局 会計 近野先生

事務局 寺崎先生

ご就任おめでとうございます、どうぞよろしくお願いいたします。

4月19日》第51回千葉県剣道武大会に参加しました。

千葉県剣道連盟主催、一年間の修練の成果を発表する場です。

剣道、杖道、居合道の三道が一堂に会します。

最初に、平成26年千葉県剣道連盟功労賞の表彰があり、我が雄武剣友会が表彰されました。

これは、長年地域で活動している団体を称えて、表彰するものです。

演武会は各地区ブロック代表の先生方による日本剣道形演武、五段~錬士七段までの先生方は二分間の

剣道個人試合、教士七段、教士八段、範士八段の先生方による立会い形式の演武と進んでいきます。

各地区ブロック代表による日本剣道形演武は市川浦安代表として打太刀、佐藤先生、仕太刀、近野先生が

行いました。

その後に行われた剣道個人試合には

五段の部:関谷先生、小司先生

六段の部:近野先生、関根先生

錬士六段の部:佐藤先生、津嶋先生

が参加され、見事な試合を行いました。

*関根先生は二試合行いました。

*試合順に記載しました。

また、来年のこの演武大会を目指して先生方は一生懸命修練を行います。

最後に、千葉県の範士、教士八段の先生方が元に立たれて熱のこもった稽古会を行い

万歳三唱をして大会は締めくくられました。

演武大会会場で、色々とご配慮頂きました浦安市剣道連盟の須賀先生ありがとうございました。

会場でお声かけを頂きました、浦安市本部道場の松原先生、川口先生ご夫妻、ありがとうございました。

川口京子先生は少年剣道指導者表彰を受けられました。おめでとうございます。

最後の記念撮影にご一緒頂きました、榊先生、ありがとうございました。

また、試合会場でお会いしてお声かけを頂きました先生方や、剣友の皆様方、どうもありがとうございました。

最後に、参加頂きました先生方、ご苦労様でした、お疲れ様でした。

      

      

      

      

      

4月19日》平成26年度雄武剣友会総会が入船東エステートで行われました。

平成26年度の活動を振り返り、平成27年度の活動計画を議論します。

また、先生方、役員さん、保護者の皆様が一同に会して色んな事を話し合う貴重な機会です。

午後2時から4時までの2時間で色々な議題が付議されて、よりよい決定事項を求めて真剣な議論が展開されました

最後になりますが先生方、子供たち、一般の会員の皆様のためにお骨折り頂き当会のを運営頂きました

平成26年度役員の皆様へ、お疲れ様でした。ありがとうございます。

そして平成27年度の役員の皆様へ、これから一年間どうぞよろしくお願いいたします。

《4月12日》第52回関東小学生剣道錬成記念大会が日本武道館で行われました。

新学年に進級した小中学生をお祝いする大会です。

      

8人一組のトーナメントで一位は優秀賞、二位は優良賞、作品道場で習字、絵、作文を提出し、素晴らしい

作品は表彰されます。

雄武からは12人が参加しました。又第16コートの会場運営を行いました。

新中学一年生、小学六年生、五年生と元立ちの先輩が元気よく入場行進を行いました。

      

試合前の稽古では他の道場の先生方に沢山かかりました。

また、試合では春合宿や普段の稽古の成果を出し切りました。

      

結果です

小学校6年生女子の部優良賞:村上 果蓮さん

小学校5年生男子の部優秀賞:加治 直樹くん

小学校4年生女子の部優秀賞:村上 愛理さん

作品道場書道の部優秀賞   :加治 奈津子さん

が表彰されました。おめでとうございます。

         

   

冬から春合宿の稽古を一生懸命取り組んだので、遠間からしっかりと攻めて大きな技を出せるようになってきたね。

試合の内容をよく反省して5月以降の試合に活かせるように頑張ろう。

最後の反省会後、新中学生に記念品が贈呈されて、先生方と記念撮影を行いました。

新中学生の皆さん、ご苦労様でした。雄武での厳しい稽古で培った強い気持ちでこれからも頑張ってくださいね。

そして、雄武に来て後輩を励ましてあげてください。

  

朝早くから子供達の引率、ご指導を頂いた後藤先生、大野先生、松木先生、審判をお引き受け頂いた小司先生、

会場運営にご協力頂いた役員の皆さん、お父さん、お母さん、高校生中学生の先輩方、元立ちを引き受けて頂いた

北村先輩、小林先輩、そして応援に駆け付けて頂いた皆様、ありがとうございました。

《4月4日》第2回冨貴島錬成会に参加しました。

市川市の冨貴島道場さんが主催する錬成会です。

浦安市総合体育館の4階サブアリーナと1階の第二武道場を使用して、遠くは静岡、神奈川、埼玉、茨城から

およそ30の道場が参加する大規模な練成会です。雄武からは高学年チーム5名、低学年チーム7名が参加

しました。

      

午前は予め決められたローテンションで、午後は個々の申し合わせによる形式で錬成試合が行われました。

結果は高学年チームが12勝6敗、低学年チームは1勝12敗でした。

まずは普段剣を交えることのない遠方の剣士達と日頃の鍛錬の成果を競い合えたことが最大の成果だと思います。

正に交剣知愛ですね。今後も剣道を通じて色んな人との交流を作っていきましょう。

高学年は一足一刀からの打ちやつばぜり合い等の課題、低学年は基本的な動作の反復練習が必要なことがわかりました。

4月12日の日本武道館の大会に向け限られた稽古に全力で取り組んで行きましょう。

      

終日選手を見守っていただいた後藤先生、松木先生、大野先生ありがとうございました。

審判をお引き受け頂いた佐藤先生、寺崎先生ありがとうございました。

監督をお引き受け頂いた小司先生、関谷先生ありがとうございました。

試合の記録を取り、選手を見守って頂きました役員、保護者の皆様ありがとうございました。

遠方近隣から参加され、雄武剣友会の剣士達に胸を貸していただいた沢山の道場・剣友会のみなさまどうも

ありがとうございました。

最後に、このような機会を提供して下さいました冨貴島道場の皆様へ御礼申し上げます。

《3月27~29日》春季強化合宿がう・ら・らめーるで行われました。

今の6年生が卒業した後、新年度に向けての基礎固めです。

「剣道の稽古を通して、身体と精神を鍛える」、「団体生活を通して、社会常識や礼儀を学ぶ」、

「自分のことは自分でできるようにする」を目標にみんなで力を合わせて全力で二泊三日の

稽古に取り組みます。

      

今回の合宿では、高学年、低学年、初心者に分かれそれぞれの課題を克服すべく内容によって

グループ分けを行い、別々のメニューに取り組みました。

高学年は試合を意識した実戦的な稽古を多く取り入れました。

松木先生から、「打った後打ちっ放しにしない、素早くすり抜け次の攻めに入る」事を指導頂き、

道場をジグザグに使った打ち込みにも取り組みました。

低学年、初心者は、足捌きの基礎をこの合宿で習得するため徹底して反復練習を行いました。

また、稽古が終わった後には大野先生から着装、剣道着・袴のたたみ方についてご指導頂きました。

最終日は体力的には連日の激しい稽古で足腰ががくがくの筈でしたが、最後までしっかり気力を充実

させむしろ尻上がりに更に気合が高まっていくのを感じました。

      

低学年や初心者のみんなも一生懸命頑張りました。

二日目の朝の稽古時間が遅れるなど少し気の緩んだ場面も見られましたが、ひとりひとりが原因

は何か、どうしたらいいのかという事を真剣に考え、上級生がリーダーシップを取って改善してい

きました。普段の稽古でも続けて行こう。

4月12日は日本武道館の大会です。今回の合宿の成果を活かして試合できるよう頑張ろう。

      

最後にう・ら・らめーるの先生に合宿でお世話になったご挨拶をさせて頂いた際に、「心磨技練」という

言葉を頂戴しました。素晴らしい言葉です。

皆さんは、見えるところ見えないところで色んな方々から色んな形で支えてもらって剣道に取り組む

事が出来ます。日々好きなことに打ち込める事に感謝しよう。

子供たちと一緒に過ごして頂いた後藤先生、大野先生、ありがとうございました。

全身全霊でご指導頂いた松木先生、ありがとうございました。

初心者のご指導を暖かく頂いたゆき先生、伊藤先生ありがとうございました。

稽古を見守って頂いた保護者の皆様、あがとうございました。

合宿に駆けつけて、応援を頂いた中筋先生、津嶋先生、佐藤先生、近野先生、関根先生、小司先生、寺崎

先生、関谷先生、長江大輝先生、伊藤諒太先生、長江真緒先輩がとうございました。

そして、本合宿を行うにあたり段取りから食事の用意、ビンゴの用意を行って頂いた役員の皆様

ありがとうございました。

最後はみんなで記念撮影です。

《3月8日》剣道段位審査会(初段~三段)の結果報告です。

市川塩浜体育館にて昇段審査が行われました。

雄武から受審した皆様は全員合格です。

初段:長江 琳平くん、萩原冬馬くん、村上 凜太朗くん、渡邉 優太くん

二段:萩原 亜美さん(写真は後日掲載します。)

が合格されました。おめでとうございます。

   

《3月8日》第47回上平井剣道大会に参加しました。

上平井剣友会さんが主催する大会です。関東近県から強豪のチームが集まり総勢約500人が日頃の

鍛錬の成果を競います。

小学校男子団体3年生以下の部(三人戦)小学校4年生以上団体の部(五人戦)、中学校団体の部(三人戦)、

中学校女子個人戦の部が行われました。

雄武からは小学校男子団体3年生以下の部(三人戦)小学校4年生以上団体の部(五人戦)、中学校団体の

部(三人戦)に参加しました。

          

結果です

いずれのチームも善戦するも及ばず僅差で初戦突破なりませんでした。試合終了後は、全員が自ら進んで

会場から直接舞浜総合体育館に向かい午後3時からの稽古に参加しました。朝早くからの集合で疲れている

中、簡単には出来ない決断です。よく頑張りました。

試合の結果をしっかり振り返り、これからの日々の稽古、春合宿で取り組むべきことを探して見てください。

4月には日本武道館の大会が待っているよ。

監督をお引き受け頂いた小司先生、関谷先生、伊藤先生ありがとうございます。

審判をお引き受け頂いた佐藤先生ありがとうございます。

応援に駆けつけて頂いた保護者の皆様、お友達のみんな、ありがとうございました。

多数のチームが参加しあいにくの悪天候で控え室の場所確保が大変困難だった中、先生方や選手がリラックス

できる環境を整備頂き、記録、食事の確保などご支援頂いた役員の皆様、ありがとうございました。

《3月7日》第18回全日本実業団女子、高壮年大会が東京武道館で開催されました。

実業団女子と40歳以上の実業団剣士全国一を決める大会です。

女子団体は全国から106チーム、高壮年は5段以下295人、6,7段で483人の参加がありました。

佐藤先生が、6,7段の部で出場されましたが惜しくも上位入賞はなりませんでした。

試合結果は全日本剣道連盟のホームページからごらん頂けます。

《3月1日》23回NTTデータグループジュニア剣道大会が行われました

NTTデータグループが主催する、小学校と中学校男女の個人戦です。

小学校1,2年生の部、3,4年生の部、5,6年生の部、そして中学校男子、女子の部に総勢500人程の

子ども達が出場し、一生懸命試合をしました。

   

今回は残念ながら上位入賞者は出ませんでしたが、出場選手の過半数が初戦を突破しました。

来週は上平井剣友会さんの大会です。今日よかった点を活かし、足りなかったところを補って試合に挑みましょう。

      

引率頂いた後藤先生、大野先生、小司先生、審判をお引き受け頂いた佐藤先生ありがとうございました。

悪天候の中、場所取り、備品の持運び等縁の下の力持ちとしてお手伝い頂いた役員の皆様、

子供たちの応援に駆け付けて頂いた先生方、お父さん、お母さん方、大会主催者側で子供たちのサポートを

頂いた下村先生ありがとうございました。

《2月8日》第63回都道府県対抗剣道大会県選考会が千葉県武道館で行われました。

4月29日に行われる、都道府県対抗剣道大会の選考会です。

5将の部で下村先生が見事代表の座を勝ち取りました。

おめでとうございます。

本大会での活躍をご祈念申し上げます。

下村先生は3回目の出場です。

《2月1日》第14回剣道オープン錬成大会が市川市立新浜小学校体育館で行われました。

一般の先生方の大会です。年々参加者が増え、今年は市川市を中心に千葉県、東京都、神奈川県などから

81チーム、およそ250人の剣士が日頃の稽古の成果を競いました。

雄武からは個人戦に小司先生、関谷先生が出場しました。

結果は、善戦するも残念ながら上位進出はなりませんでした。来年は個人戦、団体戦共に参加して再チャレンジです。

《1月10~12日》寒稽古に参加しました。

一月のこの時期は本当に寒い時期です。

正月明けのこの三連休を利用して様々な道場で寒稽古が行われてます。

毎年雄武南剣友会さんから寒稽古のお誘いを頂いており、今年も希望した1年生~6年生、中学生が参加をしました。

まだ暗い朝六時から底冷えのする体育館でお腹から大きな声を出して、稽古に取り組みます。

とにかく眠い、寒い、そして道場の床は冷たく足が痛い…、非常につらい環境です。

でも、それに耐えて稽古を頑張ると、終わる頃にはのぼる朝日を見ながら稽古をやりきったというすがすがしさ

を感じることが出来ます。

普段とは違う環境を自ら求めて稽古に行った事を糧として、これからの稽古や試合に取り組みましょう。

    

    

このような機会をご提供頂きました、雄武南剣友会さん、どうもありがとうございました。

また、子ども達が参加するにあたって朝早くから送迎や寒い道場の中で見守って頂いた保護者の皆様方

ありがとうございました。

《1月11日》2015年の稽古初めです。

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

 

2015年は1月6日から稽古が始まりました。

先生方からは今の自分を追い越そう、昨日より今日は一歩でも成長できるよう努力しようとご挨拶がありました。

この時期は一年でもっとも寒い時期です。みんな自分に負けないよう大きな声を出して稽古に取り組みました。

1月11日は稽古の後鏡開きが行われました。

お母さん方が作ってくれたお汁粉、お餅をお腹一杯頂きました。

    

 

役員の皆様、子供達のお母さん方お寒い中ありがとうございました。そしてご馳走様でした。

今年一年みんなでまた頑張りましょう。

 

 
Copyright © 2012 Yubu Kenyu-kai All Rights Reserved.